アンケートにご協力ください。

つらい耳鳴りを改善【ナリピット錠】

耳鳴り

耳鳴りでお悩みのあなたに! 症状を改善します

「耳鳴り」の聞こえ方やその程度は、人によって異なりますが、症状が悪化すれば、家事や仕事など日常生活に重大な支障をきたしてしまいます。

「耳鳴り」の原因は、耳の病気や脳の障害・ 自律神経の乱れなどさまざまですが、原因がわからない耳鳴りも少なくありません。

近頃「耳鳴りが多い」と感じる場合は、ストレスが原因の可能性が高いです。

ストレス性の耳鳴りは、症状に気づいた時点で早めに病院を受診することが大切です。

この記事では、そんな辛い症状を取り除き、支障のない生活を送るにはどうすれば良いか、その治療法や耳鳴りとの上手な付き合い方についてを解説していきます。

キーン!ジーンとつらい耳鳴りに指定第2類医薬品の【ナリピット錠】

健康食品や漢方のように2-3か月飲み続けることが無いためコスト面が大幅に抑えられます。

・創業100年を超える製薬会社<原沢製薬工業>から販売中の医薬品
・効能効果が認められた指定第2類医薬品
・血流促進と聴覚機能(神経)W効果で耳鳴りを改善
・耳鳴り以外にも肩こりやにきび、吹出物、皮膚炎、蕁麻疹にも効く
・指定第2類医薬品で、比較的早く効く効かないの結果が出る

ストレスとは

ストレスとは、外部からの反応によって心身が緊張することをいい、以下のようなものがあります。

  • 物理的ストレッサ(天候・騒音・振動)
  • 化学的ストレッサ(薬物・公害・大気汚染)
  • 心理的要因(悩み・不安)
  • 社会的要因(対人関係のトラブル・経済的困窮)

ストレスが蓄積すると、心身に重大な支障をきたす場合があります。
その代表的な症状は、耳鳴り・めまい・鬱症状などです。

耳鳴りが起きるとどうなる?

ストレスによる耳鳴りでは、耳鳴りの症状に加え、体の不調が現れることが少なくありません。
具体的にはどのような症状があるのでしょうか。

耳の聞こえ方に関して起きること

耳鳴りでは、まず耳に異常が現れます。
具体的には、周りで音がしていないにもかかわらず、耳の中で異常な音が聞こえます。

耳鳴りの聞こえ方には、個人差がありますが、次のような症状が現れることが多いようです。

「キーン・ジーン」という虫の鳴き声のような声

【ナリピット錠】は、健康食品や漢方のように2-3か月飲み続けることが無いためコスト面が大幅に抑えられます。

・創業100年を超える製薬会社<原沢製薬工業>から販売中の医薬品
・効能効果が認められた指定第2類医薬品
・血流促進と聴覚機能(神経)W効果で耳鳴りを改善
・耳鳴り以外にも肩こりやにきび、吹出物、皮膚炎、蕁麻疹にも効く
・指定第2類医薬品で、比較的早く効く効かないの結果が出る

耳鳴りがすると、耳の中で「キーン・ジーン」という高い音がします。また、「ジー・ザー」という低い音がする場合もあります。

耳鳴りの音は、虫の音・金属音・機械音などに例えられることが多いのですが、耳鳴りの聞こえ方は人によってさまざまです。

周囲の音ではなく、自分の耳の中だけで異音がする場合は、耳鳴りがしていると考えても構いません。

なお、耳鳴りは片耳に現れることもあれば、両耳で聞こえる場合もあります。

10秒ほどから1日中耳鳴りがする

耳鳴りの持続時間には、個人差があります。10秒ほどで消える場合もあれば、24時間慢性的に耳鳴りが持続する場合もあります。

耳鳴りの持続時間が長ければ長いほど、症状は重いといえます。

10秒ほどで消える耳鳴りは、それほど珍しい症状ではありませんが、頻繁に繰り返す場合には注意が必要です。

めまいやふらつきがある

耳鳴りと同時に、めまいやふらつきを覚える場合があります。めまいと耳鳴りは、ほぼ同時に消失することが一般的です。

閉塞感を感じる

耳鳴りのほかに、耳閉塞感という症状が現れる場合があります。耳閉塞感とは、耳が詰まったような不快感が現れることです。

耳が、1枚の皮を被ったように、なんとなく音が聞こえづらくなるような場合も見られます。

吐き気がある

耳鳴りと同時に、吐き気を催する場合も少なくありません。

吐き気・嘔吐がある場合は、めまい・ふらつきが同時に現れることが多いようです。

立ち上がることができない

めまい・ふらつきが重症化すると、体を動かせなくなることがあり、立ち上がれなくなったりする場合があります。

耳鳴りの原因には心因性のものがある

耳鳴りの原因の多くは、耳や聴覚神経などの障害ですが、ときには心因性の様子が原因となる場合もあります。

心因性の要素には、以下の場合があります。

  • ストレス
  • うつ病
  • 不安・悩み
  • 肉体的な疲労や不眠

耳鳴りは、難聴を伴う場合があります。ただし、ストレスによる耳鳴りの場合は難聴が出ない場合も多いようです。

ストレスが原因の耳鳴りを治療するには、根本原因であるストレスの解消が求められます。

ストレスと耳鳴りの関係とは

ストレスが耳鳴りを引き起こすのはどうしてなのでしょうか。ストレスと耳鳴りの関係性について解説します。

自律神経の乱れ

ストレスによる耳鳴りの原因の多くは、自律神経の乱れです。

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立ちます。交感神経は、脈拍・血圧を上昇させ体を緊張させる神経系です。
それに対して、副交感神経は、脈拍・血圧を下げることで体を休息させる働きがあります。

自律神経は、この交感神経と副交感神経とが交互に入れ替わることでバランスを保っています。

しかし、ストレスによってこの自律神経のバランスが乱れる場合があります。

ストレスを受けると、交感神経が刺激されて、過度に活性化しやすくなります。
交感神経が優位になると血管が収縮するため、全身の血流が悪くなります。

特に、耳の周囲の血行が阻害されると、耳鳴りなどの症状が現れやすくなります。

耳などに気質的な異常がないにもかかわらず、耳鳴りが続く場合はストレスによる自律神経の乱れが疑われます。

ストレスによって自律神経が乱れた状態は、自律神経失調症と呼ばれます。

生活の乱れ

不規則な生活が耳鳴りの原因となることもあります。不規則な生活は、肉体的・精神的に無自覚なストレスを与えてしまうからです。

その結果、自律神経が乱れ耳鳴りが起こりやすくなります。以下のような不規則な生活が耳鳴りの原因となる場合があります。

  • 栄養バランスの悪い食事
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 夜更かし
  • 昼夜逆転生活
  • 喫煙
  • カフェインの過剰摂取

疲労

肉体的な疲労が耳鳴りを引き起こすこともあります。疲労とは肉体的ストレスです。

疲労した状態では、自律神経のバランスが乱れやすくなります。疲労が溜まる原因には、以下が考えられます。

  • 過重労働
  • 睡眠不足栄
  • 養バランスが悪い食事

疲労が原因の耳鳴りは、疲労を解消することで症状が消失します。十分な休息・栄養豊富な食事などを心がけましょう。

うつ病

うつ病の症状のひとつに耳鳴りがあります。うつ病による耳鳴りは「キーン」という高い音が強く聞こえるのが特徴です。

うつ病の人には、聴覚過敏になる傾向が見られます。そのために、通常なら気にならない雑音などが、耳鳴りとして強烈に響いてしまうのです。

うつ病は、ほとんどの場合ストレスによって引き起こされます。また、耳鳴りがうつ病をさらに悪化させる場合もしばしば見られます。

これは耳鳴り自体がストレスとなるためです。

ストレスで引き起こされる耳鳴りが伴う病気

耳鳴りは病気ではなく、症状です。そのため、原因が解決されれば症状は消失する場合が一般的です。

一方、耳鳴りを放置すると重大な病気に発展する可能性があります。

以下に、耳鳴りの放置によって起こりやすい病気について代表的なものを2つ紹介します。

突発性難聴

突発性難聴とは、突然、片方の耳が聞こえづらくなる病気です。ごく稀ですが、両方の耳が聞こえなくなる場合もあります。

突発性難聴は、難聴の症状に加え、耳鳴り・めまいなどの症状を伴う場合が多く見られます。

また、耳鳴り・めまいが、突発性難聴の前兆として現れることも少なくありません。

例えば、突然「キーン」という耳鳴りがして、片方の耳が聞こえなくなったというケースが多く見られます。

突発性難聴の原因はまだはっきりとは解明されていませんが、内耳循環障害が指摘されています。

内耳循環障害とは、耳の周辺の血行が悪化することで聴覚に異常が出ている状態です。
耳の周辺の血流の悪化原因としては、ストレス・自律神経の乱れなどが挙げられます。

突発性難聴は、発症から48時間以内に治療すれば治癒が期待できると言われています。
しかし、治療開始が遅れたり、既に症状が進行していたりする場合は、完全な治癒が難しくなります。

耳鳴りは、突発性難聴の代表的な症状の1つです。

もし突然に耳鳴りが始まった場合は、出来る限り早めに医療機関を受診するようにしてください。

メニエール病

メニエール病は内耳の異常で起こる病気です。一般的には、次の4つの症状が重なって現れます。

  • 回転性のめまい
  • 耳鳴り
  • 耳閉塞感
  • 難聴

メニエール病の初期には、耳鳴り・難聴・耳閉塞感が現れることが一般的です。
いずれも程度は比較的軽めですが、たびたび繰り返されるのが特徴です。

症状が進行すると、めまい症状が現れやすくなります。耳鳴り・めまい等は、症状の進行とともに激しくなります。

耳鳴り・めまいなどが重症化すると、吐き気・嘔吐などが起こることもあります。
冷や汗・動悸等も併発しやすい症状です。

メニエール病の発症原因は、内耳のリンパにリンパ液が溜まることです。

内耳のリンパに異常が出る原因ははっきりとは解明されていませんが、ストレス・疲労・睡眠不足などが原因とする説が有力視されています。

また、特にストレスが多い人はメニエール病が重症化しやすいとも指摘されています。

したがって、メニエール病を治療する際には、精神的ストレスの軽減に重きが置かれることが少なくありません。

メニエール病は、放置すると日常生活に重大な支障きたす場合もあります。初期症状である耳鳴りが現れた段階で、医療機関を受診することが大切です。

耳鳴りを感じた時にするべきこと

耳鳴りは放置するほど治療が難しくなります。最悪の場合は難聴になることもあるので、できるだけ早めに対処することが大切です。

耳鳴りの原因がストレスである場合には、セルフケアによって症状の改善が期待できます。

以下に、主な対処法を紹介します。

自律神経のバランスを取る

ストレスが耳鳴りを引き起こすのは、ストレスが自律神経のバランスを乱すからです。
なので、自律神経のバランスを整えることで耳鳴りの症状を軽減することができます。

自律神経を整えるには、次のような方法が有効です。

  • 栄養バランスの良い食事
  • 適度な運動
  • 十分な休息
  • ストレス発散

また、深呼吸も自律神経を整えるのに役立ちます。深呼吸をすると、脳が一時的にリラックスできるためです。

ゆっくり休息を取る

心身を十分に休めることも、良いストレス発散方法です。なお、身体をゆっくり休めるには、毎日の就寝・起床時間を一定に保つことが大切です。

睡眠リズムを整えることで体のリズムも整いやすくなるため、自律神経のバランスも正常に維持できるようになります。

寝る時間がバラバラとい人は、まず決まった時間に就寝・起床することを心がけましょう。

自分に興味があることや趣味に没頭する

自分の好きなこと・趣味などに没頭するのもひとつの方法です。
耳鳴り以外のことに気を向けると、あまり耳鳴りが気にならなくなります。

好きなことや趣味に打ち込むことは、ストレス解消としても効果的です。

耳鳴りのことを忘れる

耳鳴りを気にしすぎると、耳鳴り自体がストレスの元になってしまいます。
そうすると、ストレスが増すので、さらに耳鳴りががすることにつながりかねません。

耳鳴りの症状は辛いので、気になってしまうのは当然です。
しかし、ストレスを増やさないためにも、耳鳴りは出来る限り意識しないようにしましょう。

趣味などに打ち込むと、耳鳴り以外のことに意識が向きやすくなります。

耳鼻咽喉科を受診する

耳鳴りが重大な病気のサインである可能性があります。
耳鳴りが長期間続く場合や、頻繁に繰り返す場合は、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

消化器内科・心療内科などを受診する

耳鳴り以外の症状がある場合は、医療機関の受診がお勧めです。
診療科は耳鼻咽喉科が適当ですが、気になる症状に合わせて選ぶのもひとつの方法です。

例えば吐き気・嘔吐などがある場合は消化器内科に相談相談するのが良いでしょう。
うつ・不安の症状がある場合や、精神的ストレスが強い場合は心療内科を視野に入れてください。

ストレスが原因の耳鳴りは、すぐに耳鼻咽喉科で診断を受けることが大切

ストレスによる耳鳴りが現れた場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。
放置すると症状が残ったり、難聴に移行したりする恐れがあります。

ストレス性の耳鳴りを根本的に使用するには、原因となっているストレスを解消する必要があります。

たとえ症状が改善できても、ストレスが残っている限り、耳鳴りは何度でも再発する恐れがあります。

つまり、ストレス性の耳鳴りは、症状・精神面の両方へのケアが大切です。

また、耳鳴り以外にめまい・頭痛・吐き気などが現れている場合は、症状が重い可能性があります。
この場合には、すぐに医療機関を受診し治療を開始しましょう。

ストレスが耳鳴りの症状を悪化させることについてのまとめ

【ナリピット錠】は、健康食品や漢方のように2-3か月飲み続けることが無いためコスト面が大幅に抑えられます。

この記事では、主に、ストレスと耳鳴りの関係について解説してきました。

ストレスと耳鳴りの関係の要点を以下にまとめています。

  • 耳鳴りとは、自分の耳の中だけで「キーン」「ゴー」という雑音がすること
  • 耳鳴りと併発しやすい症状は、めまい・吐き気・耳の閉塞感など
  • 耳鳴りを放置すると、突発性難聴やメニエール病が重症化する恐れがある
  • 耳鳴りの改善方法は、規則正しい生活・ストレスの解消・十分な休息など

この記事が、耳鳴りで苦しんでいるあなたのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!